理事長挨拶

あいセーフティネットよりごあいさつ

社会医療法人河北医療財団 あいセーフティネットとしてスタート
 医療法人財団天翁会は、平成 28 年 12月1日をもって社会医療法人河北医療財団と合併いたしました。
 河北医療財団は杉並区において河北総合病院を中軸とし、急性期医療から回復期、在宅医療まで幅広く展開しており、地域医療の中心的な役割を担っています。そして、多摩地域を拠点に展開する『あいセーフティネット』は、これからも多摩ニュータウンの地域包括ケアシステムにおける高齢者医療・ケアサービス提供に努めてまいります。
 高齢者は潜在的な臓器障害や病気、障害の有無、薬物への反応性の違いなどから個体差が大きく、個別の治療や配慮が必要となります。また、重要なことは、これからの生活を考えると高齢者それぞれの人生観が尊重されなければなりません。高齢者自身の事としてだけでなく、ご家族や身近な方を含めて共に考え、そして医療・介護などの多職種が関わるのが高齢者医療です。
 法人合併により、サービス機能の拡大・相互補完がなされることから、私たちはこれまで活動してきた『あいセーフティネット』をさらに発展させ、より質の高い医療・ケアを目指し、より安心し信頼いただけるサービス提供に取り組みます。また、社会医療法人として地域社会活動や環境に配慮した医療活動をおこない、安定した事業基盤を構築してまいります。
 皆様のこれまでのご支援ご理解に深く感謝申し上げますとともに、今後とも皆様の一層のご指導ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。

多摩事業部 事業部長
明石 のぞみ
(あかし のぞみ)

略歴
青森県生まれ
聖マリアンナ医科大学卒業後、同大学第二内科医局入局
昭和 64 年より天本病院に勤務
平成 11 年あいクリニック院長
平成 12 年医療法人財団天翁会副理事長
平成 28 年 3 月1日 同理事長に就任
平成 28 年 12 月1日 社会医療法人河北医療財団と合併、河北医療財団理事に就任
日本内科学会 認定内科医
日本老年医学会 老年病専門医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医

開設者よりごあいさつ

「住み慣れた地域で安心して最期まで」を実現するために
私達は、1980年に天本病院を開設した当時から、「高齢者自身の意思を尊重し、高齢者に相応しい医療の提供をしたい、認知症になっても地域で過ごせる支援をしたい」といった思いを追及しています。
この思いを実現するために、私達は多摩ニュータウンの地で「あいセーフティネット」なるサービスモデルの創造を続けています。

さて、これから50年間は人口減少と高齢化が進み、人類が経験したことのない超高齢社会が到来します。国はこの“モデル無き挑戦”のビジョンとして、「地域包括ケアシステム」構想を掲げました。「あいセーフティネット」の構築は、この「地域包括ケアシステム」につながると信じています。
また、私達は高齢者お一人おひとりのニーズに真摯に向き合い、創意工夫をするとともに、“地域社会がCareを担っていける”街づくりや、地域の皆様の“サクセスフルエイジング”にも積極的に関わり、“高齢者医療・ケアのパイオニア”として進化していく所存です。そのために、職業人としての自己実現ができる職場づくりにも取り組んでいます。

更なる地域貢献ができる医療法人を目指してまいりますので、今後とも、患者様・地域にお住まいの方・関係機関の皆様方からのご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

開設者
天本 宏
(あまもと ひろし)

略歴
昭和18年生まれ
東京慈恵会医科大学医学部卒
同大学・聖マリアンナ医科大学にて老人医療、認知症医療に携わる
昭和55年:天本病院を設立
昭和60年:老人の専門医療を考える会 会長に就任
平成7年:医療法人財団天翁会 初代理事長に就任
平成13年:全日本病院協会 副会長に就任
平成15年:聖マリアンナ医科大学 臨床教授に着任
平成18年:日本医師会 常任理事に就任
平成21年7月:「地域包括ケアシステム研究会」委員に就任
平成28年3月:医療法人財団天翁会 理事長を退任 同相談役に就任
現在も、精神科医として認知症治療・ケアの臨床に携わる