あい訪問看護ステーションについて

あい訪問看護ステーションについて

利用者さんをチームで支える
訪問看護・訪問リハビリテーション

 在宅療養されている利用者さんのご自宅に、看護師やリハビリ職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が定期的に訪問します。病状や療養生活を専門家の目で見守り、適格なアセスメント(事前評価)に基づいたケアとアドバイスで、ご自宅で安心して療養生活が送れるようお手伝いします。
 あい訪問看護ステーションは、一般的な医療処置や看護はもちろんのこと、難病・障がいのケアやご自宅での看取りも積極的に対応。24時間365日対応の「機能強化型」訪問看護ステーションです。日本看護協会認定摂食・嚥下障害看護認定看護師や日本重症心身障害福祉協会認定重症心身障害看護師もいます。

訪問看護・訪問リハビリテーションについて詳しくはこちら

訪問サービスのご案内

訪問時間 8 時 30 分 〜 17 時 00 分
※夜間・休業日は担当看護師が待機し、緊急時に対応いたします。
休業日 日曜、祝日
訪問範囲 東京都多摩市全域、八王子市の一部、日野市の一部、町田市の一部、府中市の一部
お問い合せ TEL:042-371-6888 FAX:042-357-4801
8 時 30 分 〜 17 時 00 分

ごあいさつ

 あい訪問看護ステーションは1999年に開設されました。河北医療財団 多摩事業部での訪問看護活動はそれ以前から始まっており、多くの利用者さんをケアする中で積み重ねられた、たくさんの経験や知識があります。
 医療機器の使用や医療処置が必要でも、人生最期の時も、どのような状況にあっても「住みなれた家で過ごしたい」という想いを叶えることが可能です。
 専門的な知識・技術を持ったスタッフが、安心してご自宅で生活をすることができるよう、医療・介護に関するサポートを致します。
 訪問看護について分からないことや、在宅生活にお困りなことがありましたらご相談ください。

あい訪問看護ステーション
所長 渡部 真理
(わたべ まり)

訪問看護の例

  • 月に 1〜2 回や毎週何曜日などスケジュールを決め、看護師が車でご自宅までお伺いします

  • 基本的に 1〜2 名の担当制なので、利用者さんの経過も把握でき、信頼関係が築けます

  • 医師の指示書に基づき、全身状態の管理や医療処置を行います

  • 移動時間にカルテなどの再確認をし、次の訪問先へ。ご自宅や施設など、1日 4 件〜6 件お伺いします

  • ステーションに戻りチームで情報を共有。利用者さんの容態で気になった事は医師にも報告します

  • 同建物内には医師のいる訪問診療部やケアマネジャーの事業所もあり、連携して対応しています

訪問リハビリテーションの例

  • 利用者さんの病状に合わせて、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご自宅へ伺います

  • 関節の可動域を広げ拘縮予防をし、下肢の筋力を強化する訓練の一例

  • 廊下の幅、トイレまでの距離などご自宅の環境に合わせた実践的なリハビリができます

  • ご自宅から外に出る、バスに乗って希望の場所へ行くなど、社会復帰につながるリハビリを大切にしています