天本病院

天本病院の看護・介護

天本病院の理念と基本方針

理念

信頼と安心の創造

基本方針

1. 利用者本位
ケアを提供するにあたって、利用者の個別性に配慮し、一人一人の意思を尊重します。

2. 地域との連携
保健・医療・福祉のネットワークの中で、利用者の最適な生活環境の構築をサポートします。

3. 地域の高齢者の急病、状態変化への対応
外来診療やリハビリテーションを重視すると共に、居宅で療養されている方の急病に対応します。予防・予測的なケアを重視します。

4. 職員満足
職員が誇りを持ち、喜びを感じられる職場風土を築き、職員の満足をサービスに還元します。

患者さんの権利と責任

権利

1. 良質な医療を受ける権利
患者さんは、どなたでも平等に良質な医療を受ける権利があります。

2. 説明と情報を受ける権利
患者さんは、ご自身の病気について、正しい病名や病状、検査内容と治療内容その危険性、予後、薬の効果とその副作用などに関して理解できるように医師、薬剤師、看護師等の医療に従事する者から説明を受けることができます。また、ご自身の診療録の開示、いかなる治療段階においてもセカンドオピニオンを求める権利があります。

3. 選択の自由と自己決定の権利
患者さんは、医療機関を自由に選択し、ご自身の病気に関する十分な情報と説明を受けた上で、自らの意思により、診断・治療・その他の医療行為を受けることに同意または拒否する権利があり、その自己決定の意思は尊重されます。

4. 機密保持に関する権利
患者さんは、病院内でのプライバシーを守られる権利があり、診療上で得られた個人情報や医療上の秘密を厳守される権利があります。

5. 尊厳が守られる権利
患者さんは、いかなる状態にあっても、人格が尊重され尊厳が守られる権利があります。

責任

患者さんは、自分にとって必要な医療を適切に受けるという患者さんの権利を守り発展させるために、医療に参加すると共に、医療者に協力する責任があります。また、全ての患者さんが適切な医療を受けられるために、他の患者さんの迷惑にならないように配慮をしていただくことと、医療に参加し協働する前提として、施設管理者である院長の指示を遵守する責任を負います。

看護介護部の理念・方針

外来・入院問わず、安全なサービスの提供、そして患者様・ご家族に安心していただける支援をすることを第一にし、他職種とチームワークを組み、退院指導や看取りにも積極的に取り組んでいます。
急性期から慢性期まで患者様の状態は様々ですが、患者様の個別性を大切に、QOL(人生の質)を高めるケアを目指しています。


看護介護部の理念

地域に根ざした「心のこもったケア」「信頼されるケア」をめざします。

看護介護部の方針

  1. 利用者様の尊厳を守り、快適な生活が送れるようにケアを提供します。
  2. 利用者様・ご家族との信頼関係を築き、選ばれる病院つくりを目指します。
  3. 地域との連携を図り、安心して医療・ケアが受けられるように努力します。
  4. 専門職としての自覚と責任を持って知識・技術を深め、自己研鑽に努めます。

2016 年 12 月 1 日
社会医療法人 河北医療財団
天本病院
院長 舟木 成樹

天本病院