天本病院

外来のご案内

受付・診療時間

診療科目 内科、消化器内科、精神科、老年精神科、リハビリテーション科
専門外来 嚥下(えんげ)外来、頭痛外来、もの忘れ診断、ボトックス治療外来、リハビリテーション外来
受付時間 8 時 30 分 〜 11 時 30 分 13 時 30 分 〜 16 時 30 分
診療時間 9 時 00 分 〜 12 時 00 分 14 時 00 分 〜 17 時 00 分
休診日 日曜、祝日、年末年始
お問合せ・ご予約 TEL : 042-310-0333 FAX : 042-310-0334
8 時 30 分 〜 17 時 00 分
(日曜、祝日、年末年始除く)
健康診断 簡易脳ドッグ多摩市特定健康診査、企業健診、一般健診、特定健診(集合契約 A、B)
予防接種 インフルエンザ、肺炎球菌、麻疹など
その他検査 アミノインデックスがんスクリーニング検査
(胃・肺・大腸・前立腺・子宮・乳・卵巣がん)など
基本的に予約制です。診療科目によって曜日が異なりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

外来担当医表はこちら

専門外来

もの忘れ診断
(老年精神科)
<担当医> 池田 健
最近よく「もの忘れ」をすると心配な方へ、種々の検査と最新の MRI を活用し、加齢による「もの忘れ」か、治療が必要な「もの忘れ」か診断します。脳の細かな異常の早期発見・早期診断、予防の指導を行います。
また、必要に応じて日常生活のアドバイスや支援制度のご案内なども行います。看護師、ソーシャルワーカーなどによる生活相談もぜひご利用ください。
・完全予約制
嚥下(えんげ)外来
<担当医> 高田耕太郎
最近飲み込みの調子が心配な方へ、リハビリテーション専門医が異常の早期発見・早期診断、治療を行います。食事摂取、飲み込みの状態などのスクリーニング検査を行った後、必要に応じて嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査などの詳しい検査を行います。その後、適切な食形態、 介助方法、食事環境などの指導を行います。
【次のような方はご相談ください】
◎食事に時間がかかる
◎やせた
◎時々熱が出る
◎口の中に食べ物が残る
◎むせる
◎食事量が減った
◎食後に声質が変わる
◎痰がからむ
◎経管栄養を行っているが、摂食・嚥下について専門的な評価を受けていない
・完全予約制
頭痛外来

<担当医> 岡田正昭
様々な頭痛を脳神経外科専門医が診断します。
めまい、手足の痺れなどが原因で脳卒中(くも膜下出血・脳梗塞・脳出血)を心配される方の危険分子の検査が可能です。脳卒中後遺症の経過観察も行います。すべての年齢の方に対応します。
◎血液検査、MRI、血管年齢測定などの検査
◎偏頭痛、首のはり・肩こりに伴う慢性的な頭痛
◎くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍に伴う危険な頭痛
・完全予約制
リハビリテーション外来

<担当医> 高田耕太郎ほか
リハビリテーション医の指示の下、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門スタッフが計画を立て、その方の症状や家庭環境に見合った効果的で集中的なリハビリテーションを行います。多摩地区最大級の広い空間と最新の機器を使用した充実したサービスが特徴です。

詳しくはこちら

・予約不要
ボトックス治療外来

<担当医>
リハビリテーション専門医
脳卒中、脳外傷や脊髄損傷により、麻痺の多くが、痙縮(けいしゅく)という筋肉の異常な緊張を併発しています。つらい痙縮は日常生活の支障となるばかりでなく、リハビリテーションの障害ともなります。こうした痙縮に対する新しい治療法として「ボトックス療法」が注目されています。
【ボトックス療法とは?】
ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があるため、手足の筋肉が柔らかくなり、動かしやすくなり、痛みが軽減されるなどの効果があります。ボツリヌス療法実施の適応に関しては、医師の専門的な診察が必要です。
・完全予約制
・水曜日のみ
(15:00〜)
脳ドック・健康診断 <担当医>
岡田正昭・舟木成樹
多摩市特定健康診査、企業健診、一般健診、脳ドックを行っています。
【脳ドックとは?】
常勤の脳神経外科専門医が最新の MRI を活用し、脳、脳の血管、脊髄、頸椎の状態を詳しく調べます。特に脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の予防や進行防止の指導を行います。生活習慣病が出やすい40歳代~60歳代の方におすすめします。

詳しくはこちら

・完全予約制
天本病院