天本病院

入院リハビリテーション

すべての人にリハビリを

 当院では各階ごとに様々なリハビリテーションを提供しています。早期退院・在宅復帰を目指す方から、長期療養が必要な方など、その方の状態・目標にあわせた最適なメニューを行っています。リハビリ専門医やリハビリ職をはじめ、看護師や介護職などの他職種がチームとなって協働し、日常生活のあらゆる場面にリハビリテーションの視点を取り入れたケアプランを立案・実施しています。当院では認知症をお持ちの方のリハビリにも力を入れています。

各病棟の特徴


一般病棟 発症後、間もない方への早期リハビリ
医学的管理(治療)が大きな比重を占める患者様が入院する病棟です。呼吸・循環などのリスク管理をしながら、心身機能や生活機能の向上をはかります。
地域包括ケア病床 退院し、自宅や施設で暮らしたい方への集中リハビリ
急性期病院で治療された方で、まだ自宅に帰るのは難しい方に、集中的かつ効果的なリハビリを提供し、在宅復帰への橋渡しをします。
回復期リハビリテーション病棟 病状が安定した方への集中リハビリ
良い状態で住み慣れた場所へ戻れるように、365 日毎日休まず1日 2〜3 時間の集中的なリハビリを提供しています。専門職を手厚く配置し、7 割〜8 割の方がご自宅へ退院されています。脳血管障害でマヒなどの後遺症のある方、骨折の手術などの治療を受けた方などが対象です。
特殊疾患病棟・精神科病棟 長期療養が必要な方、認知症をお持ちの方へのリハビリ
寝たきりを少しでも防止し、嚥下(えんげ)機能を維持するリハビリなどを提供しています。料理やガーデニングなどレクリエーションを兼ねた楽しいメニューで、その方らしい生活の質を大切にしたリハビリを、ご本人やご家族の希望を尊重し対応しています。

各種リハビリテーションのご案内


入院から退院後までのフローチャート
  • 病室を出て歩行訓練なども行います。入院中も外出の機会を設け、心と体の活性化を大切にしています

  • 話す・聴くなどのコミュニケーション能力と、摂食や嚥下(えんげ)など食べる機能の訓練を行う言語聴覚士

  • バスタブの高さや手すりの位置を、自宅の環境に合わせたシュミレーション訓練

  • 退院後の外出に備えた階段の昇降訓練など、目的を明確にし具体的なメニューを提案

天本病院