2月12日に在宅看取りに関するセミナーを開催しました

稲城市、麻生区の訪問診療、在宅医療、あいクリニック平尾院長の宮本謙一です。

2018年2月12日(月・振替休日)コーシャハイム平尾にて開催された株式会社やさしい手主催のセミナーにおいて社会医療法人 河北医療財団 理事長相談役  天本 宏とあいクリニック平尾 院長宮本謙一が講師を務めました。

講演①「地域包括ケアシステムと在宅看取りについて」天本 宏が担当いたしました。地域包括ケアシステムとは高齢者がいつまでも住み慣れた地域で安心して暮らせる街づくりをしていくことです。自助(セルフケア)と互助(見守り・生活支援)の果たす役割が大きくなっています。今回は特に「自助(セルフケア)」についてお話しいたしました。

「自助(セルフケア)」では医療や介護の知識をつけるだけでなく、行動や生活習慣を変えていくことが重要です。寿命・健康寿命(QOL)を決定する因子として生活習慣50%、環境20%、遺伝子20%、医療10%と言われています。そして病院や施設などに全て医療・介護を任せるのではなく、自らの選択が大切です。「どのように過ごしていくか」という本人の意思決定の延長線上に「看取り」があり、在宅での看取りも可能となります。

参考資料 生き方老い方

講演②「訪問診療(在宅医療)における看取りの実際」についてあいクリニック平尾院長宮本謙一が担当し事例を交えてご説明いたしました。訪問診療とは1ヵ月に1回以上、定期的に自宅で診察を実施することです。自宅で看取る(死亡診断)ためには、呼吸停止時に普段診療している医師が自宅に往診し、病死であることを確認する必要があります。そのため在宅での看取りを希望する場合、訪問診療を導入することが望ましいと考えられます。

在宅での看取りというと「いつ何が起こるか分からない」「怖い」と考えがちですが、苦痛を緩和するために実施する場合を除き、点滴など医療行為を最低限のものにとどめるため、苦痛は最小限に抑えられることが多く、眠るように最期を迎えることがほとんどです。また、病院と違い、最期まで自由に生活をすることができ、また面会制限などもないので、最期の時間を家族や友達などと自由に過ごすこともできます。

在宅での「よりよい看取り」のためには本人、ご家族、訪問診療、ケアマネージャー等がチームを組み、十分なコミュニケーションを基に連携していくことが重要です。

参考資料 訪問診療における看取りの実際

セミナーには50人以上の方にご参加いただきました。ご参加された皆さん、ありがとうございました。

あいクリニック平尾では来年度も健康に関する講座を開催する予定です。詳細が決定いたしましたらホームページ等でご案内いたします。

2月12日午後に「在宅での看取り」についてのセミナーを開催します

稲城市、麻生区の訪問診療、在宅医療、あいクリニック平尾の院長の宮本謙一です。

2月12日午後2時から、コーシャハイム平尾にて、在宅での看取りをテーマとしたセミナーを開催いたします。

当法人の相談役であり、稲城市よりもずっと早く高齢化が進んでいる多摩ニュータウンにおいて、国や行政に先駆ける形で、地域包括ケアシステムの充実に取り組み、在宅での看取りを推進してきた、天本病院の創始者、天本宏医師にご講演いただきます。

私は、訪問診療における在宅での看取りの具体例について、皆様がイメージしやすいよう、わかりやすくお話をしたいと考えています。

決して難しいセミナーではなく、私たちがよりよい人生を送る上で欠かすことのできない「最期の過ごし方」を考えるよい機会だと思いますので、お気軽にご参加いただければ幸いです。

申し込み制となっておりますが、まだまだお席には余裕がありますので、皆様のご参加をお待ちしております。

【講座】2月12日(月)『在宅での看取りについて』

稲城市、川崎市麻生区の訪問診療、在宅医療、認知症外来、あいクリニック平尾です。

2018年2月12日(月・振替休日)コーシャハイム平尾にて、株式会社やさしい手主催のセミナーが開催されます。

社会医療法人 河北医療財団 理事長相談役 天本宏とあいクリニック平尾 院長宮本謙一が講師を務めます。

あいセーフティネットでは長年にわたり在宅医療に携わっています。

今回のセミナーでは在宅での看取りについて解説いたします。

当院は訪問診療を中心に行っており、先月は4人、今月に入ってもすでに4人の方のお看取りをさせていただきました。
癌の末期の方や、認知症の進行した方、ご高齢の老衰の方など、様々な方のお看取りをさせていただいております。

興味がある方は是非お申し込みください。

20180212_セミナーチラシ_コーシャハイム平尾(完成)

インフルエンザワクチンについて(あいクリニック平尾です)

稲城市、麻生区の在宅医療、訪問診療、あいクリニック平尾の院長です。

今年は、インフルエンザワクチンが不足している状態が続いていましたが、ようやく解消されました。当院でもようやく、十分な量のワクチンを確保できましたので、お知らせいたします。

当院の外来(受付時間:月曜日、水曜日、木曜日の8時30分から11時30分)に直接お越しいただければ、接種可能です。

専用駐車場も3台分あります(コーシャハイム平尾駐車場の12・13・24番)。

詳しくはこちら

インフルエンザは例年、年明けに学校が再開してから徐々に流行が拡がり、1月後半から2月に流行のピークを迎えます。そのため、ワクチンは今年中に接種しておいた方がよいと考えられます。近隣の方で、まだ接種されていない方は、ご検討ください。

あいクリニック平尾 年末年始の診療体制につきまして

稲城市、麻生区の訪問診療、在宅医療、あいクリニック平尾の院長です。

当院の年末年始の体制についてお知らせいたします。

外来診療につきまして、年内は12月28日木曜日まで診療いたします。年明けは、1月1日~4日は休診とさせていただき、1月10日水曜日から診療いたします。

訪問診療につきまして、年内は12月29日金曜日まで、年明けは1月4日木曜日から、通常の体制で診療いたします。(当院が訪問診療中で医学総合管理料を算定している方は、年末年始を含め、24時間364日体制で対応いたします。)

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

認知症外来について(稲城市、麻生区の訪問診療、在宅医療、あいクリニック平尾です)

稲城市、麻生区の訪問診療(在宅医療)、あいクリニック平尾院長の宮本です。

12月9日は平尾自治会館にて「在宅医療と認知症」についてのお話を、12月10日は東長沼自治会館にて「息切れ」についてのお話をさせていただきました。両日とも約40名の方にお集まりいただき、認知症予防や呼吸困難の改善にも効果がある笑いの健康体操「笑いヨガ」についても実践していただきました。ほとんどの皆様は、開始前と終了後で顔の表情が全く違い、帰りは笑顔であふれていて、私自身、笑いの健康効果をあらためて実感いたしました。

次回は、12月16日土曜日10時半から、コーシャハイム平尾1階にて、コーシャハイム平尾の入居者様のアクティビティとして笑いヨガを開催いたします。施設は地域の方に開放されていて、笑いヨガについては近隣の方も飛び入りでご参加いただけます。興味があるかたは是非お越しください(終了後はぜひこもれビレッジひらおでお食事をお楽しみください)。

最近、私は、地域の方向けに認知症予防についてのお話をすることが増えてきましたが、当院では、毎週月曜日午前、天本宏医師による認知症外来をおこなっております。

物忘れが心配な方から、認知症と診断されていて生活に大きな支障が出ている方、ご家族の方などの相談を受けております。認知症(疑い)の方が受診困難な場合、ご家族等の代理受診も受けております(自由診療となります)。また、当院では認知症の方を含めた訪問診療をおこなっていますので、まず認知症外来に受診していただき、必要に応じて訪問診療を開始することも可能です。病院での精査(画像検査等)を希望される場合、法人内の天本病院で脳の詳しい画像検査を含む総合的・専門的な検査を受けられる他、ご希望に応じて近隣の専門病院を紹介いたします。詳しくは以下のパンフレットをご覧ください。

認知症外来 新パンフレット

 

あいクリニック平尾の診療および活動について

稲城市、麻生区の訪問診療、あいクリニック平尾の院長宮本です。

11月26日日曜日、コーシャハイム平尾にて、健康フェスタを開催しました。

ご参加およびご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

詳しくは以下のリンクをご参照ください。

【開催報告】みんな元気!平尾健康フェスタ2017

今後の予定ですが、次回は、12月9日土曜日午後、平尾自治会館にて、地域包括支援センターひらお主催の講座(家族介護教室『最後まで自宅で安心して暮らせるために~在宅医療と認知症予防について~』)が開催されます。

【講座】12月9日(土)稲城市にて家族介護教室

私のライフワークとなりつつある笑いヨガにつきましては、12月9日の上記講座以外に、12月10日日曜日午後(東長沼自治会館にて、地域の方のみ)、12月16日土曜日10時半(コーシャハイム平尾にて、地域の方も自由に参加可能)、12月24日午後(コーシャハイム平尾のクリスマスイベント、地域の方も参加可能)でも実施いたします。興味がある方は是非ご参加ください。

あいクリニック平尾は訪問診療中心のクリニックであり、上記のような認知症予防、介護予防のための地域向けのイベントについては、あくまで診療の一環として私の余裕があるときに取り組んでいます。

最近は、従来であれば入院治療しか選択肢がなかった、様々な医療行為を必要とする状態の方、癌末期で最大限の緩和ケアが必要な方、重度の認知症の方などの訪問依頼が増えている印象です。

11月は、認知症の重度の方や癌末期の方など、3名の方をお看取りいたしました。

その他にも、多数の重症の患者様を診療し、24時間365日体制で電話を受け、夜間でも往診を実施しております。

特に当院では、認知症のため生活に支障をきたし、周囲の方も困っているような方と、癌末期の緩和ケアについて、特に力を入れて診療に当たっております。

当院の訪問診療に興味をお持ちの方は、是非ご相談ください。

http://kawakita-tama-ai.jp/hospital/hirao/

平尾健康フェスタ2017のご案内(稲城市のあいクリニック平尾です)

稲城市、麻生区の在宅医療、訪問診療、あいクリニック平尾の院長の宮本です。

いよいよ、次の日曜日(11月26日)、コーシャハイム平尾にて「みんな元気!平尾健康フェスタ2017」が開催されます。

当日は、まず、13時~14時半まで、健康測定会として、骨密度、血管年齢、肺年齢、血圧、動脈血中酸素飽和度などの測定や、医師、看護師、リハビリ職員による相談などを受けることができます(いずれも時間に限りがありますので希望者が多い場合は先着順となります)。

14時半からは、私が、「楽しく元気に過ごして認知症を予防しましょう」と題して、認知症予防や介護予防、健康維持のため、毎日続けられる楽しい運動や生活習慣のお話をいたします。難しい話は一切しないつもりですので、気楽にお越しいただければと思います。私のライフワークの一つである「笑いヨガ」ももちろん実施いたします!

15時半から1時間は、バンドと歌声ユニットによる、楽しい演奏と歌声を聴くことが出来ます。世代を問わず誰もが知っている名曲ばかりで、一緒に歌うことも出来ますので、是非楽しんでいただければと思います。

よろしければ、以下のリンクもご覧ください。

【イベント】11月26日(日)みんな元気!平尾健康フェスタ

コーシャハイム平尾は、一般来客者専用の駐車場がございません。当院の専用駐車場数台分は開放いたしますが、できるだけ徒歩または公共交通機関(小田急バス、iバスの台原バス停が目の前です)をご利用ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

地元の「平尾まつり」に参加しました!

稲城市、麻生区の訪問診療、あいクリニック平尾の院長の宮本です。

11月12日日曜日に、地元平尾地区のふれんど平尾で開催された「平尾まつり」に「救護班」として参加しました。
とてもいい天気で、朝からたくさんの人で賑わいました!

 

私も、救護の合間(?)に、買い物をしたり、スポーツ吹矢やボッチャを体験したり、楽しませていただきました。

結果的には、体調を崩したり怪我をした方はおらず、救護班としての仕事はありませんでしたが、こうやって地元の祭りに呼んでいただき、地域に貢献できることは、本当にありがたいことだと思いました。

これからも、あいクリニック平尾は、地域に密着した活動を通じて地域の皆様の健康維持に貢献できるよう、がんばって参ります。

稲城市医師会主催 健康教育講座「その息切れ、治せるかも?」でお話しさせていただきました

稲城市、麻生区の在宅医療、訪問診療、あいクリニック平尾の院長宮本です。

10月14日土曜日、稲城市医師会主催の健康教育講座「その息切れ、治せるかも?」で、約1時間半お時間をいただき、いろいろお話しさせていただきました。

詳しくは以下のブログ記事をご参照ください。

【開催報告】稲城市医師会主催『その息切れ、治せるかも?』

小雨が降る中、70人以上の方にご参加いただきました。想像以上に反響が大きく、「また(別の場所で)同じ話をしてほしい」「笑いヨガはどこで参加できるのか?」といった声をいただいております。

笑いヨガについては、今後、毎月1回程度、コーシャハイム平尾内で開催していきたいと考えています。また、11月26日の健康フェスタ(記事参照)をはじめ、様々なイベント、講演会等でも実践していきたいと考えております。

笑いの体操や呼吸法を通じて、多くの方に少しでも健康になっていただけるよう、これからも活動を続けていきたいと思います。