【メディア掲載】「月刊デイ」にあい介護老人保健施設職員の記事が掲載

デイケア&デイサービスの専門誌『月刊デイ』2017年8月号に、
あい介護老人保健施設デイケア科職員の記事が掲載されています。

p45~72「排泄ケアと排泄改善トレーニング」特集です。

ぜひご覧ください。

(※出版社より転載許可を頂いています)

 

【広報】あいセーフティネット広報誌「あっぱれ」2017年夏号発行

社会医療法人 河北医療財団 多摩事業部が発行する、あいセーフティネット広報誌「あっぱれ」最新号が発行されました。

各事業所で配布しておりますので、ぜひお手にとってご覧ください。ホームページでもご覧いただけます。

【誤植のお詫び・訂正】

p5「医師に聞きたい からだの症状」のコーナーで、CTと紹介されているイラストに誤植がございました。深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り訂正させていただきます。

【ニュース】青陵中学校の授業で職業紹介

2017年7月12日(水)、青陵中学校(東京都多摩市貝取)の授業にて、河北医療財団多摩事業部の職員が登壇させていただきました。

全国的に広がっている中学生の「職場体験」教育。当財団でも数年前より天本病院やあいクリニックにて地域の中学生を積極的に受け入れ、医療や介護の生の現場を体験いただいています。

今回はその事前学習の「職業人の話を聴く会」に、看護師の中西佳美(天本病院・看護介護部部長)と理学療法士の鈴木勇気(あいクリニック・デイケア科科長)が2年生に向けて医療の仕事についてお話ししました。

「どうしてこの仕事に就いたか」「看護やリハビリってどんな仕事?」「仕事の喜び・やりがいを感じるとき」など、各15分という短い時間でしたが、中学生のみなさんとの会話のキャッチボールを楽しみながらご紹介することができました。

「あいセーフティネット」は主にご高齢の患者さんを対象にしているため、中学生にはなじみがないかなと心配でしたが、当事業所をご存じの学生さんも多く、「病気を治したり、ありがとうと感謝される人の役に立つ仕事は素晴らしいと思いました」という嬉しい感想までいただくことができました。

9月の職場体験でまた再会できることを楽しみにしています。

小学校1年生の時に看護師になりたいと思った中西。夢をかなえることの大切さについてもお伝えしました。

高校時代のサッカーのケガがきっかけで理学療法士を目指した鈴木。「病気の治療だけでなく、患者さんの心に寄りそう心のサポートも医療人には大切です」

【メディア掲載】あいクリニック平尾院長宮本謙一の記事が「広報いなぎ」に掲載されました

稲城市が発行する「広報いなぎ」(2017年6月15日号)に、あいクリニック平尾院長の宮本謙一の原稿が掲載されました。
稲城市医師会の一員として、第7面「ヘルスメーター」に、訪問診療について述べています。

ぜひご覧ください。

広報いなぎ PDF版

広報いなぎ テキスト版

【あいクリニック平尾】
ブログでもご紹介しています。

【メディア掲載】あい介護老人保健施設が取り組む認知症カフェでのイベントが紹介されました

株式会社タウンニュース社が発行する『タウンニュース』多摩版2017年6月8日号にて、あい介護老人保健施設が取り組む認知症カフェでのイベントが紹介されました。

5月24日に開催されたイベントの様子や次回以降のイベントに向けての意気込みを語る職員のコメントなどが掲載されています。

認知症カフェの取り組みはあい介護老人保健施設のブログでも随時紹介されています。こちらも是非ご覧ください。

(発行元より転載許可済)

【メディア掲載】あいクリニック中沢院長亀谷学が本を出版しました

社会医療法人河北医療財団にて、多摩事業部在宅医療部長およびあいクリニック中沢院長を務める亀谷学が本を出版しました。

 

著者:亀谷学「院長視点の接遇のススメ~形ばかりの接遇からの脱却~」(プリメド社、2017年5月31日発行、2400円+税)

ぜひご覧ください。

【メディア掲載】あい介護老人保健施設の認知症カフェの取り組みが紹介されました

(株)タウンニュース社が発行する『タウンニュース』多摩版2017年5月11日(木)号にて、あい介護老人保健施設が取り組む唐木田の認知症カフェが紹介されました。

4/26(水)に開催されたプレイベントの様子や、地域とつながるコミュニティカフェへの想いを語る職員のコメントなどが掲載されています。

また5/24(水)に同会場で開催される天本宏(当財団理事長相談役・医師)の講演の予告も紹介されています。

認知症カフェの取り組みは、あい介護老人保健施設のブログでも随時ご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

(発行元より転載許可済)

 

【新規移転オープン】あいクリニック平尾・あい訪問看護ステーション平尾

2017年5月1日(月)に、あいクリニック平尾・あい訪問看護ステーション平尾が移転し、リニューアルオープンいたしました。

あいクリニック平尾はこれまで訪問診療専門のクリニックでしたが、5月10日(水)より外来診療も開始します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

あいクリニック平尾/院長ブログもスタート!

あい訪問看護ステーション平尾

【広報】あいセーフティネット広報誌「あっぱれ」2017年春号発行

社会医療法人 河北医療財団 多摩事業部が発行する、あいセーフティネット広報誌「あっぱれ」最新号が発行されました。

各事業所で配布しておりますので、ぜひお手にとってご覧ください。

ホームページでもご覧いただけます。

【新規開設】聖蹟桜ヶ丘に3施設オープン

社会医療法人 河北医療財団多摩事業部は、平成29年2月1日に以下の3施設を開設いたしました。

聖蹟桜ヶ丘駅西口徒歩2分、サービス付き高齢者向け住宅『スマイラス聖蹟桜ヶ丘』の1階です。

詳しくは下記のページをご覧ください。お問い合わせお待ちしております。

『あいフィットネスサロンさくら』(デイサービス)

『あい小規模多機能施設おきな』(サテライト型小規模多機能型居宅介護)

『あい訪問看護ステーションせいせきサテライト』