【メディア掲載】多摩市ごみ対策課の情報紙に「あいグループホームどんぐり」が登場

多摩市ごみ対策課・ダンボくらぶが発行する「生ごみリサイクル・ダンボちゃん通信」No.2(2018年1月20日発行)に、当財団が運営する「あいグループホームどんぐり」(多摩市聖ヶ丘)の取り組みが紹介されました。

多摩市ではごみ減量を目的とし、家庭での生ごみの堆肥化を積極的に推進しており、補助金制度もあります。

「あいグループホームどんぐり」でも多摩市オリジナルのダンボールコンポスト「ダンボちゃん」を設置。生ごみをダンボールの土の中で堆肥化し、利用者さんと一緒にベランダ菜園で活かしています。

土の中の微生物の力で生ごみが分解され、栄養たっぷりの堆肥に変身!

ベランダ菜園で作った落花生。利用者さんと一緒に味わいました。

“あたたかく やさしく 人にも 地球にも”が河北医療財団の標語です。

小さな活動ですが、これからも地球環境との調和にむけて、一歩一歩進んでいきたいと思います。

☆「あいグループホームどんぐり」日々の活動をブログにて公開中!

(多摩市ごみ対策課より転載の許可を頂きました)