【開催報告】『健康増進から在宅介護まで』

平成29年1月14日(土)多摩市立関戸公民館にて、もっと元気が出る講座※『健康増進から在宅介護まで~あいセーフティネット3施設オープン!~』を開催しました。

※あいセーフティネットが市民の方向けに行なっている、健康に関する講座や、住み慣れた地域で最期まで暮らしていくにはどうすればよいか等を講義する講座。

2月オープンの京王聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩2分のサービス付き高齢者向け住宅「スマイラス聖蹟桜ヶ丘」。その1階に「あい小規模多機能施設おきな」「あい訪問看護ステーションせいせき」「あいフィットネスサロンさくら」が開設します。

今回はこの施設の各担当者から各サービス内容についての説明とどのような方が利用できるのかなどををお話ししました。

 

以下各施設説明の概要

「あい小規模多機能施設おきな」:多摩市聖ヶ丘にある「小規模多機能施設かりん」のサテライト事業所。利用登録をしている方が「通い」「訪問」「泊まり」のサービスを組み合わせて、地域やご自宅で暮らしていくサポートをします。登録定員は18名(通い12名、泊り4名)

問合せ先:042-311-5447

 

「あい訪問看護ステーションせいせき」:多摩市貝取にある「あい訪問看護ステーション」のサテライト事業所。看護師やリハビリ職員が定期的にご自宅に訪問して、健康管理や医療機器の管理、日常生活動作の維持と向上支援などを行います。

問合せ先:042-371-6888

 

「あいフィットネスサロンさくら」:半日短時間デイサービス施設。理学療法士・介護福祉士・看護師がご利用者のひとり一人に関わり、マシントレーニングや脳トレなどのプログラムをカスタマイズして介護予防、リハビリテーションを行います。

問合せ先:042-311-5445

アンケートでは「今後自分や家族が利用するかもしれないので興味があった」「介護認定を受けていないがフィットネスサロンに興味がある」といった意見をいただきました。

寒い中ご参加いただきました皆さまありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です