【開催報告】2月14日(水)多摩市・愛宕かえで館連続健康講座

2018年2月14日(水)に多摩市立愛宕コミュニティセンター(愛宕かえで館)で開催された連続健康講座においてあいクリニック デイケアオリーブ 理学療法士 早山 由季子が講師を務めました。

「食事をとって活力アップ!美味しく食事とれてますか♪」と題し、食事と運動の関係についてお話しいたしました。

食事と運動は「バランスの取れた食事」と「外出すること」を「楽しみながら」行うことがポイントです。

食事が取りにくくなると筋肉や皮膚、内臓を作るたんぱく質が不足し活動量が低下します。活動量が低下すると寝たきりや嚥下障害が起こりやすくなります。そのためまずは栄養をとることで体を動かす準備をすることが重要です。

運動というときつい筋肉トレーニングをしなければならないというイメージがありますが、洋服に着替えて家の周りを散歩するだけでも運動になります。運動を続けるコツは無理せず楽しいと感じるところから始めることです。自分が元気になったら次は家族や友達にも声をかけ、仲間が元気になり、仲間が元気になると街が活性化します。高齢者になると家に引きこもりがちになりますが、自分が今いる場所から一歩外に出てみることが大切です。

講座の最後のグループディスカッションでは今後変えてみようと思ったこと・やってみようと思ったこととして「友達を誘って曜日を決めて女子会をする」「家に引きこもりがちな友達をどう誘うか考えたい」等ご自身だけでなく、周りの方々と一緒にできることを多くの方が考えていらっしゃいました。

ご参加された皆さん、ありがとうございました。