徒然なるままに・・・

「落としたるガラス器床に砕け散り失いしものの輝きをます」(武市房子)

人間は、生きていく途中で何度も何度も大切な器を落として、割ってしまう。

友情の器や、恋愛の器、信頼の器・・・。
失ってしまってから気づいても、もう取り返しのつかない輝きは、
私達の胸をせつなく痛ませる。
まるで、ガラスの破片が胸に突き刺さるように。

日々の生活を“前の日の続き”として当たり前のように過ごすのではなく、
“新しい一日”として意識する事が、
一歩一歩「人」として成長できる道程なのでは・・・と感じます。

失ってからでは遅すぎる。
誰かの為に・・ではなく、自分の成長の為に、周りを明るく、人に親切にしていきたい、
そう強く感じる秋の夜なのでした。

 

想い出の作品

今年の4月1日、小規模多機能施設「かりん」はオープンしました。
建物も、設備も、スタッフも何もかもが新しく、模索しながらのスタートでした。
一人また一人と利用者さんも集まって来られ、
最初は緊張していて硬い表情だった利用者さんも
日を重ねるごとに、少しずつ柔らかい表情に変わっていきました。

その頃に、利用者さん達が皆さんで作られたのがこの作品です。

 

 

 

 

 

折り紙を小さく千切って、一枚一枚丁寧に貼って仕上げました。
あの頃、硬い表情だった利用者さん達は、今ではすっかり顔なじみです。
毎朝、エントランスで「おはよう!」「今日は調子どう?」「元気にしてた?」と
笑顔で挨拶を交わされます。
そんな笑顔の挨拶が繰り広げられる様子を見られる特等席で、
この「かりん」は上からそっと見守っているのです。

 

 

 

歌集

「かりん」に来られる方は、みなさん歌が大好きです。
誰かが「〜♪」と口ずさむと、知らず知らずの内に
大合唱になる・・なんてことは、稀ではありません^^。

「かりん」に来られる方は、お習字の師範代が多いです。
みなさん驚くほど、素晴らしい「書」を書かれます。

さて、そこでスタッフは考えました。
この二つ、コラボできるんじゃないか・・・と。

思いたったら吉日!早速、お願いしてみました^^。
「このプリントを、お習字で書いていただけますか?」
「これを?いいわよ♪ 」



 

 

 

 

 

「かりん」にいらっしゃる日に、1〜2曲分を清書していただき、
かれこれ20枚近くになってきたかと思います。
これを、コピーしてまとめて、素敵な和紙で表紙を飾ってみたら・・・
どんなに素晴らしい歌集ができることでしょう〜♪
楽しみで楽しみでしかたありません^^。

肩たたき

「かりん」のスタッフは、毎日水面下で、めまぐるしく動きまわっています。
そんな私達を、利用者さん達は良く見てくださっています。

それは、スタッフがお話しようと屈んだ時のこと・・
背中をトントントン・・・
「がんばってるね〜♪」
まさか、まさかの労いに、思わず目頭が熱くなります。
そんなひとこまです。

「かりん」なひと時

何をしているのでしょう?

ある方は・・・ドライフラワーでリースを創っています。
夏に綺麗に咲いていた「紫陽花」と、最近拾った「松ぼっくり」、
ちょっとポイントに、かりんで育てた「綿の花」を使ってみます。

 

 

 

 

 

ある方は・・・ご自宅から持参して、最近凝っている「大人の塗り絵」を塗っています。
テキスト通りだとつまらないから、ちょっと「自分アレンジ」を加えてみます。

 

 

 

 

ある方は・・・最近、話題になっている「天声人語」の清書です。
難しい漢字もなんのその、すらすら書いて、書き終わったら周りの方達に
読んで聞かせて下さいます。

 

 

 

 

ある方は・・・毎日、新聞を読むのが日課です。
時間をかけて、ゆっくりと読みます。今日の特ダネを教えてくださいます。

 

 

 

 

ある方々は・・・昔から得意だった「編み物」をしています。
ここ数年、全くしていなかったとは思えないくらいスイスイスイ・・と編んでいきます。
スタッフにも「ここをこうするのよ」と教えてくださいます。
適度な集中がとても心地良いようです。

 

 

 

 

 

これは、全部「かりんなひと時」です。
みんなと一緒に何かをする時もあれば、好きに過ごしたい時もある。
誰でも皆、そうではないでしょうか。
かりんは皆さんの時間を大切にします。

その他にも、本を読んでいる方、植物のお世話をして下さる方、
水槽のお魚を育てている方、墨絵をされる方、切り絵をされる方、
お掃除してくださる方、歌を披露してくださる方、自主トレをされる方、
お昼寝される方、お料理される方、お風呂に入られる方、
まわりの人達を励まして下さる方、労わって下さる方、笑顔が絶えない方々・・・・etc.
かりんにはそんな素敵な方達がたくさんいらっしゃいます。

私達は、そんな方達のお手伝いができて、心から幸せです。

(※写真は一部加工してあります。)

 

かりんごはん

「廃用症候群」という言葉が、世間で周知され始めてます。
どんなことか・・といいますと、
身体を動かさないでいると、心や身体の機能が低下していき
身体がどんどんと動かなくなってしまう症状の事です。
これは、病気でベットに横になっている人だけの事ではありません。
私達もみな、毎日身体を動かさないと、どんどん思うように動かなくなっていきます。
そして、身体を動かさないと気持ちも落ち込みがちになります。
毎日、少しでも身体を動かす・・この積み重ねがとっても大事なのです。

と、言う訳で?・・・「かりん」に通ってくるだけで、心も身体も動きます♪
そして、それだけではありません。
「かりん」では、日常生活における色々な事をリハビリの一貫としています。
リハビリというと大袈裟ですね、そう!楽しく身体を動かすのです。

今日は、そのひとつ。お料理です。
「かりん」は小規模なので、待っていてもお料理はでてきません^^。
利用者さんとスタッフが「朝」「昼」「夕」と毎日みんなで作るのです。
勿論、安全&衛生はしっかりと確保致します!
「かりん」を利用されている方々は、私達の人生の大先輩です。
お料理なんて、お任せあれ〜♪。

 

 

 

 

料理の盛り付け、食事の準備、配膳もみんなでします。
誰かが動くと、「私もお手伝いするわ」「僕が運ぼうか?」など、
皆さん率先してお手伝いしてくださいます。
これぞ、かりんのチームワークです!

 

 

 

 

 

みんなで作った料理を、ホカホカのうちに頂くのは“至福の時”です♪
それでは、みなさん、「いただきます♪」

新しい仲間♪

かりんに新しい仲間がやってきました。
そう!この時期にやってくる仲間と言えば・・・
クリスマスツリーです♪

先日、利用者さん達と一緒に、クリスマスツリーを買いにお出かけしました。
早速持ち帰り、みんなで飾りつけです^^。

 

 

 

 

どうです^^?世界にたったひとつの“かりんのクリスマスツリー”が完成しました!
お近くにお越しの際には、是非、のぞいてみて下さいね♪
(※写真は一部加工しています)

「sweet poteto」と「American cookie」

運営推進会議と時を同じくして、「ワクワクおやつ」企画を遂行しました!
たくさん人が集まる良い機会だから、
みんなでおやつを作って振る舞いましょう!という訳です。
今日のメニューは「スウィートポテト」と「アメリカンクッキー」。
お昼を食べたら、さぁ!忙しい!

 

 

 

 

先ずはスウィートポテトです。蒸かしたさつま芋をマッシュしていきます。
折角なので?今回は作っている時の会話を追ってみました♪
「私、押さえますね」「なかなかつぶれないね」「良い運動になるね」「交代しましょうか?」
「このまま食べれるんじゃない?」「良い匂い〜♪」「昔は、蒸かし芋だったね」
「良く食べたわ」「これに分けましょう」「スプーンにくっつくね」「うまく行かないなぁ」
「これで良いの?」「たまご塗るの?」「いい色が着くのよ」etc.

お次は、アメリカンクッキーです^^!
バターと砂糖をよーく撹拌させ、小麦粉を入れて、さっくりと混ぜていきます。

 

 

 

 

 

「すごい音ね」「おさえておくね」「これ混ぜるの?」「切るように混ぜるの」「これで良いの?」
「この位?大きすぎる?」「そうそう。上手ですね」「たくさんできたね」「楽しみね!」etc.

そして、こんな感じに出来上がりました!

・・・と、出来上がりの写真をみて頂きたかったのですが・・・・
まさか・・まさかの・・・食べることに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまった・・という失態!
次回への反省として心に刻みます・・。

とはいえ、たくさんの方々にふるまった「おやつ」はまさに「ワクワク」なのでした。

(※写真は一部加工してあります)

 

運営推進会議

11月10日に「かりん」にて運営推進会議を開催しました。
今日はこの「運営推進会議」についてのお話です。

「運営推進会議」とはなんでしょう?漢字が多くて「会議」だなんて硬い印象ですね。
いえいえ、実はそんな事はありません^^。
私たち“かりん”は「小規模多機能施設」であり、「地域密着型サービス」といわれています。
またまた、たくさん漢字が続きますね。介護業界は漢字だらけです。。
この漢字の多さにめげないことが、介護業界と仲良くなるポイントです!

話がそれましたが、「小規模多機能施設」とは言葉の通りです。
小さな規模で、たくさんの機能を持つ、地域に密着したサービスなのです。
「小規模多機能施設」については、また別の機会に、改めてお話しますね。

「かりん」のような「地域密着型サービス」は、利用している方、ご家族はもちろんのこと、
まわりの地域の方にも、「かりん」がどんな事をしているのか、公表することになっています。
地域に対する風通しを良くすることで、たくさんの方々のご意見をいただき、
サービスの質を向上させていこう!という主旨も含まれています。
運営推進会議という名称はとても堅苦しいのですが、
言ってみれば・・・
「かりんは勿論のこと、みんなの住んでいる地域を過ごしやすく、楽しい地域にしていこう!」
という会なのです^^。
その為、会議の開催にあたってはできるだけ多くの方に声を掛けます。
かりんはオープンしてまもない“ひよっこ”ですが、色々な方々のお力添えを頂き、
大きく羽ばたいていきたいです。

今回も、たくさんの方々に集まっていただきました。
お忙しい中、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
次回も是非!お待ちしております!
(写真は、「かりん」の数か月の様子をDVDで観賞しているところです。)

 

 

 

 

クリスマスの準備

11月7日に立冬を迎え、いよいよ冬が到来しました。
今年はどんな冬になるのでしょう。

かりんでは、利用者さんもご家族も、お友達もご近所さんも、スタッフもがみ〜んな
心も体も暖かくなるような雰囲気作りを目指しています♪
今日は来月来るビックイベント、そう“クリスマス☆”に向けての飾りの制作です。
色つきの紙を折って折って、切って切って、穴をあけたり、通したりetc。。
あっという間に、こんなに素敵な物が出来上がりました!
制作風景を写真でご紹介できないのが、とっても残念なのですが、
出来上がり作品を見ながら、是非作っている過程を想像してみて下さいね!