収穫しました

野菜収穫

 

6月に植えたゴーヤとミニトマトも順調に育ち、かわいらしい実をつけてくれました。

お昼に食べよう!と、朝早くに早速収穫しました。

 

IMG_0012

 

これがミニトマト。真っ赤に熟れて美味しそうです。

 

 

 

IMG_0013

 

こちらがゴーヤ。この日はミニサイズのかわいい実が2つ収穫できました。

 

 

IMG_0017

トマトはそのままで、ゴーヤは卵とじにして、鰹節をまぶしていただきました。

大豊作!とはいかなかったですが、収穫の楽しみをみんなで少しずつ味わったのでした。

防災キャンプ

近所の聖ヶ丘中では、2年生を対象に、防災キャンプという防災教育プログラムが開催されています。

災害時に中学校が避難所となった時の疑似体験という目的で、中学校に宿泊するというプログラムです。

聖ヶ丘は高齢者が多いため、高齢者の特徴を理解し、具体的な高齢者支援を学ぶ、というのもプログラムの一環として行います。そのため、1学期に、2年生は高齢者疑似体験・認知症について・車椅子体験などの授業を受けます。近隣の高齢者施設であるかりんとどんぐりは、認知症サポーター研修、車椅子体験の指導に協力しています。

IMG_0001UPD

 

防災キャンプ当日は、何名かの利用者様が、中学生と夕食を共にします。

高齢者支援担当の中学生たちが、施設まで迎えに来てくれて、一緒に中学校まで向かいます。


IMG_0012UPD

 

備蓄品のアルファ米と、中学生が作った味噌汁が、夕食です。

 

 

IMG_0015UPD

 

 

中学生とテーブルを囲んで、夕食を食べます。

 

 

 

高齢者疑似体験では、「こんなに腰が痛くなるなんて知らなかった。高齢者の方は大変だと思った」、認知症サポーター研修では、「認知症について知ることができた」、車椅子体験では、「乗ってみて、段差とかが怖かった。声をかけてあげることが大切だとわかった」などの中学生の感想を聞く事ができました。とてもうれしいことですね。こうやって、若い人が少しずつ高齢者に対する理解を深める手助けができるといいなと思います。

梅仕事ふたたびのふたたび

ちょっと遅くなってしまいましたが、梅酢が上がってきた梅を、今度は赤シソ漬けにします。

IMG_0010

 

 

赤シソの葉を摘む作業。これがけっこう手間がかかりますが、あっという間に準備してくださいました。

 

 

IMG_0021UPD

 

 

摘んだ葉を塩でもみ、アク抜き。

 

 

IMG_0028UPD

 

アクをぬいたシソを、梅と合せていきます。みんなでおしゃべりしながら作業すると、あっという間です。

 

 

IMG_0044

 

梅酢も加えて、もう何日か漬けておきます。あとは土用干しをしたら完成。

 

 

 

IMG_0012

 

梅干しのクエン酸は夏の疲れをとるのにとても良いそう。疲れがたまってくる8月中旬くらいにはなんとか間に合いそうかな?手作りのすっぱーい梅干し、楽しみです!