【広報】台湾より視察団が来院

4月24日(火)、河北医療財団 多摩事業部が運営する天本病院あい介護老人保健施設あいクリニックに台湾台北医学大学の教授や学生さん方が視察にお見えになりました。

現在の台湾は日本よりも高齢化率は低いですが、今後は日本よりも速いスピードで高齢化が進んでいくとのことです。

天本病院の視察では外来リハビリテーション室病棟をご覧いただきました。

質疑応答の時間では、病棟の様子や地域連携といったことから職員の教育やシフトについてなど多岐に渡り質問をいただきました。

3施設の視察で長い時間になりましたが、どの施設でも皆さんメモを取りながら熱心に耳を傾けてくださいました。

台湾よりお越しいただきありがとうございました。