あいクリニック平尾 院長講演

あいクリニック院長 濱谷です。

先週の土曜日10月14日になりますが、

稲城市医師会主催の健康教育講座「その息切れ、治せるかも?」というテーマで、

あいクリニック平尾の宮本院長が講演をしました。

大変多くの方にお集まりいただき、関心の高さを改めて感じました。

当院においても、日頃の診療の場から一歩二歩と飛び出して、

地域の方と対話しながら、一緒に地域医療について考えていきたいと思います。

あいクリニック 法人内事例研究発表大会

あいクリニック院長 濱谷です。

8月26日(土)法人内研究発表大会が開催され、当院から2演題の発表がありました。

当院は「訪問同行員」が、地域の在宅患者様や施設患者様の元へ医師と共に訪問。

今回は、「訪問同行員の存在意義と今後の展望」について発表しました。

当院では、これからも地域医療の発展に向けた取組みを続けて参りたいと思います。

あいクリニック 談話室

あいクリニック院長 濱谷です。

当院では、職員の働く環境整備にも力を入れており、

3階に談話室を設置し、職員の休憩時間等に利用していただいております。

あいクリニック 年に一度は健康診断を

あいクリニック院長 濱谷です。

今年も5月より特定健診が始まっております。

あいクリニックでは予約なしで健康診断を受けることができます。

一年に一度は健康診断を受け、ご自身の健康状態の確認をしていきましょう!

あいクリニック 共催セミナー

あいクリニック院長 濱谷です。

7/22(土)あいクリニックと府中恵仁会病院との共催セミナーを開催しました。

テーマ「動脈硬化と狭心症」府中恵仁会病院の上林副院長にご講演いただきました。

上林先生による熱心な講演の後、参加者からもたくさんの質問が飛び交うなど、

大反響のセミナーとなりました。

今後も当院と府中恵仁会病院では、地域連携及び病診連携を加速化させ、

地域医療に貢献して参りたいと存じます。

あいクリニック 在宅医学会にて発表!

あいクリニック院長 濱谷です。

このたび、第19回日本在宅医学会にて当院より2演題発表しました。

来場者から多数の質問をいただくなど、反響が大変高かった印象でした。

これまでの自分たちが取り組んできた症例、訪問同行員職の存在意義が、

改めて間違っていなかったと再確認することができました。

これからも地域医療、在宅医療に貢献していきたいと考えております。

あいクリニック ★勉強会開催しました★

あいクリニック院長 濱谷です。

先日、外部講師をお招きし昼休みに勉強会を行いました。

これからも職員のスキル向上を図り、在宅医療、地域貢献に努めて参りたいと思います。

 

あいクリニック ★循環器市民講座開催★

あいクリニック院長 濱谷です。

当院と府中恵仁会病院との共催で市民講座を開催します。

初めての試みもあり、ぜひとも皆様方のご参加をお待ちしております!

あいクリニック 愛宕連続健康講座開催

あいクリニック院長 濱谷です。

5月17日当院の理学療法士による連続健康講座を愛宕かえで館にて開催いたしました。

今回もたくさんの方にご参加いただきまして感謝申し上げます。

次回は9月を予定しています。よろしくお願いいたします。

 

あいクリニック 在宅緩和ケア充実診療所

あいクリニック院長 濱谷です。
平成28年4月厚生労働省より新たに設置された施設基準として、
在宅緩和ケア充実診療所」にあいクリニック、あいクリニック中沢、あいクリニック平尾も認定されることとなりました。
今後も職員一同、より一層努力を重ね、地域での生活のお力になれればと考えております。
何卒お願い申し上げます。

在宅緩和ケア充実診療所要件は下記になります。
◆ 在宅緩和ケア充実診療所
(1) 機能強化型の在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院の届出を行っていること。
(2) 過去 1 年間の緊急往診の実績を15件以上かつ在宅での看取りの実績を20件以上有すること
(3) 緩和ケア病棟又は在宅での1年間の看取り実績が 10件以上の保険医療機関において、
3か月以上の勤務歴がある常勤の医師(在宅医療を担当する医師に限る。)がいること。
(4) 末期の悪性腫瘍等の患者であって、鎮痛剤の経口投与では疼痛が改善しないものに、
患者が自ら注射によりオピオイド系鎮痛薬の注入を行う鎮痛療法を実施した実績を過去1年間に2件以上有すること。
(5)「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針に準拠した緩和ケア研修会」
又は「緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修会等」を修了している常勤の医師がいること。
(6) 院内等において、過去 1 年間の看取り実績及び十分な緩和ケアが受けられる旨の掲示をするなど、
患者に対して必要な情報提供がなされている。