あいセーフティネットの「リハビリテーション」

住み慣れた地域で、
切れ目のないリハビリテーション ― 介護予防~亜急性期~回復期~生活期まで ―

リハブログ

 あいセーフティネットでは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士ら専門職が中心となり、病院や施設でのリハビリテーションから、ご自宅から通えるデイケア、そしてご自宅へ伺う訪問リハビリテーションまで、必要な場所で必要なリハビリテーションを提供しています。一貫性と連続性を大切にし、ご本人とご家族を多職種連携によるチームで支えています。

あいセーフティネット・リハビリテーション部門の理念

 近隣に住まうリハビリテーションを必要とする方々が、安全安心な生活を取り戻すために、介護予防~亜急性期~回復期~生活期~終末期まで切れ目のないリハビリテーションサービスを、最適な技術と対象者の健康と幸福を願う真心をもって、誠心誠意全力で提供します。

サービスについて

【 介護予防 】

 介護予防は、高齢の方が要介護状態などになることの予防や、要介護状態などの軽減・悪化の防止を目的として行うものです。単に運動機能や栄養状態といった心身機能の改善だけを目指すものではなく、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、一人一人の生きがいや自己実現のための取組を支援しています。

桜ヶ丘いきいき元気センター
あいフィットネスサロンさくら(デイサービス)
天本病院 介護予防通所リハビリテーション

【 亜急性・回復期 】

 脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の状態を回復期といいます。この時期に集中的なリハビリテーションを行うことで低下した能力を再び獲得します。

天本病院入院(一般病床・地域包括ケア病床・回復期リハビリテーション病棟)

【 生活期 】

 急性期や回復期で取り戻した機能を維持したり、あるいは障がいを抱えたまま日常生活を送り、生活の質の向上を目指しています。

あい介護老人保健施設(入所・デイケア)
あいクリニック デイケア「オリーブ」
あい訪問看護ステーション(訪問リハビリテーション)
あい訪問看護ステーション平尾(訪問リハビリテーション)
  • 理学療法士がご家族とともに退院準備の訓練を行うなど、在宅復帰を支援

  • 料理、家事、園芸など、在宅生活に密着した作業療法プログラムを提供

  • リハビリ専門職のほか、医師・看護師・介護職・ケアマネジャーなどが連携

  • あいセーフティネットでは約90名のリハビリ専門職が在籍し、勉強会や交流も活発です

地域リハビリテーションの活動

 地域リハビリテーションとは、障害のある人々や高齢者およびその家族が住み慣れたところで、そこに住む人々とともに、一生安全に、いきいきとした生活が送れるよう、医療や保健、福祉及び生活にかかわるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力し合って行う活動のすべてを言います。
 あいセーフティネット・リハビリテーション部門では、施設の枠を超え、人々の営みの場へ積極的に出向き、医療職としての専門知識を地域に幅広く提供しています。

  • 理学療法士などが公民館や地域の集まりの場に出向き、介護予防教室を行っています

  • 地域のイベントにも出展し、子どもからご年配の方までリハビリの大切さをPRしています

  • リハビリ専門職を講師とし、医療や介護をテーマにした講座も開催しています

  • 車椅子の方でも参加できるバスツアーの開催など、ご本人とご家族の活動を支援しています