訪問診療について

病院の安心感を、暮らしの中へ。
医師が直接、あなたのご自宅に伺います。

 通院が困難な患者様のご自宅や施設に、医師が定期的に訪問し診療します。あいセーフティネットは、1980 年の天本病院開設時より訪問診療を開始。30 年以上に渡る在宅医療の実績を活かし、ご自宅でも安心して療養していただける在宅医療を実践しています。近隣の大学病院をはじめ、介護や福祉サービスとも連携。病気だけを診るのではなく、患者様の暮らしの質を大切にしたトータルケアを提供しています。

 あいセーフティネットの3つのクリニックは、「機能強化型」在宅療養支援診療所です。患者様の病状の急変に備え、24 時間・365 日体制を導入。在宅医療を担当する医師が複数在籍し、緊急時の往診やご自宅での看取りを行っています。

対象者

Q:「どんな人が受けられますか?」 病院への通院が困難な方が対象です。
・心身の病気や障がいで外出が困難な方
・寝たきりの方、認知症の方
・退院後のご自宅での医療ケアが必要な方
・がん末期など終末期の方
・ご自宅での看取りをご希望の方

サービス内容

Q:「どんな治療が受けられますか?」  手術や病気になった直後の急性期医療以外、ほとんどすべてのことが可能です。
計画的な医学管理のもとに、患者様のご希望をお伺いした上で、医師がケアを提供します。胃ろう管理や点滴、レントゲン撮影から終末期の緩和ケア、看取りまで、ご自宅で受けられます。
 あいセーフティネットの訪問診療は、医師と伴に同行員が訪問するのも特徴。精神保健福祉士や介護福祉士などの同行員が、生活面の細やかなサポートや他の関係機関との調整なども担当し、患者様の在宅療養が少しでも快適になるようお手伝いします。(※身体の状況によって、看護師も同行いたします)

【サービス内容】
病状・健康状態の確認 体温、血圧、脈拍、呼吸、皮膚の状態確認
医療処置・管理 点滴、注射、傷の手当て、気切カニューレ交換、経管栄養(経鼻、胃ろう、腸ろう)、尿道カテーテル、膀胱留置カテーテル、中心静脈栄養、人工呼吸器、在宅酸素療法など
検査 血液検査、尿検査、便検査、心電図、腹部・心臓超音波検査、単純レントゲン検査
環境整備の提案 自宅環境の整備や福祉用具に関する提案
認知症ケア 認知症介護の相談、生活リズムの調整、コミュニケーションの支援
終末期の医療(ターミナルケア) がん末期などの疼痛コントロール、看取りのケア、精神的な支援
精神面のケア 不安感、気分の落ち込み、うつ状態の対応
家族のサポート ケアの方法に関するアドバイス、介護者の健康状態の確認、悩みや不安等の相談対応
費用 厚生労働省の基準に基づきます。
(例)後期高齢者医療1割負担の方で月 2 回利用の場合:月額約 8,000 円の自己負担(交通費含む)

Q:「往診と訪問診療とは違うのでしょうか?」  突発的な緊急時に行くのが往診、定期的・継続的に行くのが訪問診療です。
急な発熱など緊急時に患者様の求めで行く往診とは異なり、訪問診療は、加齢に伴う様々な病気や障がい、脳卒中や悪性腫瘍などに対して、あらかじめ計画を立て、定期的に診療します。訪問回数や時間、処置の内容などについては、患者様やご家族とご相談の上決定いたします(月 2 回の訪問が一般的な例ですが、状態 に応じて調整致します)。また、患者様の容態が急変した時などは、24 時間対応で往診もします。あいセーフティネットなら、病院やクリニックも同グループ内にあるので安心。いざ入院が必要になったときは、救急搬送先としてグループ内の病院はもちろん、市内高次医療機関と連携しご紹介いたします。

連携機関 天本病院/稲城市立病院/多摩南部地域病院/日本医科大学多摩永山病院/都立多摩総合医療センター/都立神経病院/厚生荘病院/多摩丘陵病院/恵仁会病院/新百合ヶ丘総合病院/川崎市立多摩病院/聖マリアンナ医科大学病院/東京医科大学/杏林大学病院/近隣の診療所/有料老人ホーム/グループホーム/介護保険事業所ほか、医療・保健・福祉行政など

お問合せ

事業所名 訪問可能なエリア
あいクリニック 東京都多摩市東部、八王子市の一部、日野市の一部
あいクリニック中沢 東京都多摩市西部、八王子市の一部、日野市の一部、町田市の一部
あいクリニック平尾 稲城市全域、川崎市麻生区の一部、町田市の一部
お住まいのエリアによって、事業所が異なります。詳しくは各事業所へお気軽にご相談ください。